ジルコニアのメリットとデメリット

川崎 歯医者でも歯科治療においては一般的には金属やセラミックを使用することが普通です。しかし、セラミックでは何かの拍子にかけることも少なくありませんし、金属では摩耗したり一部が破損したりすることも少なくありません。そこで非常にかけにくい特性があるジルコニアという材料が歯科治療の分野で注目されています。ジルコニアもセラミックの一種ですので、セラミックを使う代わりにジルコニアを使うという選択肢もあります。川崎 歯医者でも利用可能なジルコニアのメリットとデメリットとは。
ジルコニアの一番大きなメリットはその硬さにあります。同じセラミックではありますが、今までのセラミックよりはるかに硬いといってよく、大きな力のかかる場所に使用してもかける可能性はセラミックよりもずっと少ないのです。それに金属ではなく、ジルコニアはあくまでセラミックなので、金属アレルギーを起こすこともありませんし、変色を起こしにくく、劣化にも非常に強い歯科治療の材料なのです。
しかし、ジルコニアにもデメリットはあります。従来のセラミックよりも効果ですし、健康保険も適用されません。それに、非常に硬いということが自分の歯とぶつかったりすることによって自分の歯が傷付くこともあります。それにいくら硬いジルコニアとはいっても絶対にかけないというわけではありません。
川崎 歯医者においてもジルコニアはメリットとデメリットを知った上で治療の望むことが必要です。

お電話でのご予約・お問合せはこちら 044-366-8762