歯を失ったら早く治療すべき理由

歯槽膿漏や虫歯が原因で歯を失うことがあります。抜けってしまった歯が前歯の場合は見た目に目立つため、治療を考える人が多いと思いますが、これが奥歯の場合はどうでしょうか。見て分からないからと、放置しておく人もいるかもしれません。しかし歯を失ったまま放置しておくことは好ましくありません。早く治療すべき理由が幾つかありますので、知っておきましょう。
歯を失った場合、その部分は隙間ができてしまうため、隣の歯は隙間の方向に傾いてきます。その近くの歯も同様に隙間に向かって傾いてしまいます。歯並びが悪くなり、さらに噛み合わせが悪くなります。また噛み合わせになっていた上下の歯も、隙間に向かって伸びてしまいます。一本歯を失うことで、は全体の歯並びや噛み合わせに影響があり、その結果上手く噛めなくなってしまいます。上手く噛めないことは、消化や内臓への影響があり、また認知症のリスクが高まるとも言われています。噛むことによって脳の血流が良くなるのです。さらに発音がしにくくなると言った影響もあります。
このように口の中全体や体への影響を考えると、歯を失ったらすぐに治療することが大切です。川崎エリアにお住まいの方であれば、お近くの川崎 歯医者で早めに治療してもらいましょう。歯を失った部分の治療方法としては、ブリッジ、入れ歯、インプラントの3つの方法が考えられます。インプラントは新しい治療方法であるため、川崎 歯医者でも対応していないところもあります。インプラントが可能な歯医者を探してみましょう。ブリッジや入れ歯は、一般の川崎 歯医者で対応が可能です。口コミサイトなどで評判の良い歯医者を探して、早めに治療しましょう。

お電話でのご予約・お問合せはこちら 044-366-8762