インプラントとブリッジの違いは

川崎の歯医者は、様々な方式で治療を行っています。インプラントとブリッジなどによる治療は、川崎の病院ではよく行われているのです。
歯医者が行っているその2つの治療方法には、いくつか違いがあります。まず1点目ですが、インプラントは独立したタイプになるのです。
そもそもブリッジというのは、複数の歯が連なっている状態になります。例えば歯AとBとCがあるとして、それが全てワンセットになっているのが、ブリッジというタイプなのです。AとBとCは、全て1つの素材で形成されていて、同一の歯になっている訳です。それぞれが独立している訳ではありません。
それに対して川崎の病院がしばしば採用しているインプラントは、それぞれが別個のタイプになります。Aは、Bとも接続されていませんし、Cとも接続されていないのです。いわゆる通常の歯を、ネジの形状の歯に置き換える事になるからです。まずこの独立性が、ブリッジとインプラントの主たる違いと言えます。
それと歯と歯の間にある隙間です。インプラントはそれぞれが独立したタイプになるので、必ず歯と歯の間には隙間があるのです。したがってフロスなどの歯磨きツールを、その隙間に挿入して手入れを行う事はできます。それに対してブリッジはワンセットになっていますから、フロスを通すのが難しい事も多々あります。
ですから結局歯医者が採用しているブリッジとインプラントは、数本がワンセットになっているかどうかが、主たる違いと言えるでしょう。q

お電話でのご予約・お問合せはこちら 044-366-8762