骨が少ない人でもインプラントを受けられる治療法

川崎にある歯医者では、インプラントによる治療を受けられる事も多いです。ただ川崎の歯医者によるインプラントの治療では、骨に対して埋め込む形になります。いわゆるネジの形状をしたインプラントという歯を、歯茎内部にある骨に装着する事になる都合上、基本的には骨が必要になるのです。
ところが川崎で治療を受けるに当たって、骨の少なさに関する問題が浮上する場合があります。なぜなら、人によってはやや骨が少ないからです。
インプラントを埋め込むにしても、多少は骨のボリュームが求められる事になります。ボリューム不足では、インプラントの装着は、どうしても難しくなってしまうのです。
では骨が少ない方々の場合は歯科治療が困難かというと、そうとは断言できません。なぜなら病院によっては、移植手術が行われるからです。
そもそも骨があるのは、何も歯茎内部だけではありません。人間の体の他の箇所にも、もちろん骨が沢山あります。ですから必要に応じて他の箇所から骨を取り出し、歯に移植するというやり方もあるのです。ちなみに多くの歯医者は、それをサィナスリフト等と表現している傾向があります。
通常のインプラント治療と違って、期間は多少長引く傾向があります。ですがインプラントを支える為の骨のボリュームは増加しますから、それだけ歯が安定するメリットがあるのです。また移植によってボリュームが増加する事により、長期的に使い続けられるメリットもあります。

お電話でのご予約・お問合せはこちら 044-366-8762