インプラントの仕組みはどのようになっているのか?

川崎にある歯医者は、しばしばインプラントで治療を行ってくれます。そして川崎の病院によるインプラントは、基本的には3つのパーツによって形成されているのです。
まず歯医者がインプラントを設置すると、人工の歯が取り付けられる事になるのです。それで目に見えている部分が、いわゆる人工歯と呼ばれるパーツになり、大抵はセラミックでできています。
その人工歯はフィクスチャーというパーツと接続されていて、いわゆるネジのような形になっているのです。ネジの根っこの部分のような形状をしています。それら2つを接続するのが、アバットメントと呼ばれるパーツです。
ですから歯医者によるインプラントは3つのパーツによって形成されている訳です。そして川崎の歯科医院が採用しているインプラントの一番大きな特色は、骨に対してネジで取り付けを行う事です。
歯科治療では、土台に対して埋込を行う差し歯などが付けられるケース多いです。ただそれは、虚弱性に関するデメリットがあります。一歩間違うと、土台から取れてしまうリスクもあるのです。
それに対してインプラントの場合は、ネジによって強固に土台に取り付けられる事になります。簡単には外れない仕組みになっているのです。ですから強固さを求める方々にとっては、最適な方式と言えます。
またインプラントは、金属のアレルギーに関する点も特徴的です。チタンによって作られていますから、アレルギーがある方々でも、安心して使える仕組みになっているのです。

お電話でのご予約・お問合せはこちら 044-366-8762