インプラントは残っている歯にどのような影響を及ぼすのか?

川崎にある歯科医院で治療を受けますと、他の歯に影響が及ぶ場合があります。とりわけ歯医者で入れ歯を装着してもらった時などは、その傾向が顕著です。
川崎の歯科医院では、しばしばフックが付いた入れ歯が装着される事があります。銀色のフックを他の歯に引っかけた上で、とりあえずしばらくは過ごす事になるのです。
ところが歯医者に装着してもらったその入れ歯により、他の歯に対して影響が及ぶ場合があります。少なくともフックが引っ掛けられた歯は、それなりに負担が生じる事もあるのです。ですから入れ歯装着により、他の歯に負荷が生じたという事例も、川崎地域ではしばしば見られます。
またブリッジなども、他の歯に影響が及ぶ事があるのです。やや手入れが難しい歯になりますから、他の歯にも悪影響が生じる事がたまにあります。
ところが歯医者によるインプラントという方式の場合は、そういった問題点が生じる事は少ないです。少なくともインプラントでは、他の歯に対して金具などが付けられる事はありません。独立タイプになるからです。
またインプラントは、歯と歯の間に隙間なども生じる事になります。ブリッジのような歯ですと、隙間が無いのでお手入れが難しい傾向があります。ですがインプラントは独立タイプになりますから、特にお手入れが難しい訳でもありません。むしろ非常にお手入れをしやすいタイプになります。
ですからインプラントという方式は、他の歯に対して悪影響が及びづらい点が特徴的です。

お電話でのご予約・お問合せはこちら 044-366-8762