インプラント治療と義歯の違い

川崎にお住まいの方で歯がなくなってしまい、歯医者で義歯(入れ歯)かインプラントをすすめられてどちらにしようか迷っている人もいるでしょう。
義歯とインプラントの違いが分かれば、より決断し易くなります。
まず、義歯には大きく分けて「総入れ歯」「部分入れ歯」「ブリッジ」の種類があります。
これら共通しているのは骨にはなにもせず、歯茎の上に人口の歯を乗せている状態であるという点です。
ブリッジは両脇に支える歯がありますので、その歯が健康ならばしっかりと安定した状態です。
しかし総入れ歯や部分入れ歯は歯茎と隙間があるので不安定で、固い物を食べるのが大変になります。
これに対してインプラントは、歯茎の中の骨に人工歯根を埋め込みます。
顎の骨としっかり結合させて、その上に義歯を被せるのです。
義歯(入れ歯)との違いは歯根があり骨に直結していますので、非常に安定感があるという点です。
食べる際に骨に噛む感触が伝わるので、より歯ごたえや味が良く分かる様になります。
義歯(入れ歯)は保険が適用となる為に治療費の負担が少ないのですが、インプラントは健康保険は適用されません。
インプラントは手術が必要で、治療期間も半年以上かかり、その間仮の歯で過ごすことになります。
川崎でインプラントにしようか義歯にしようか迷っている人は、費用面とメリット・デメリットについて歯医者と相談して決めましょう。
川崎の野末整形外科歯科内科では、歯がなくなって困っている方の為に、インプラントについての相談を受け付けていますので、気軽に歯医者に尋ねてみると良いでしょう。

お電話でのご予約・お問合せはこちら 044-366-8762