歯茎が腫れる原因

歯茎の腫れや痛みを感じて歯医者に駆け込むという方は、川崎でも非常に目立ちます。歯茎の腫れは何らかの問題が生じているサインであり、そのまま放置しておくことは健全とは言えません。では、そもそもどうして歯茎は腫れてしまうのでしょうか。

歯茎が腫れる原因は様々ですが、急に歯茎が腫れてしまったというケースでは、疲労が溜まっていたり、アルコールをとりすぎたことが原因であることが多くなっています。睡眠不足などが原因で過度に疲労が溜まってしまうと、免疫力が低下し、ちょっとした細菌にも敏感に反応してしまい、歯茎が腫れてしまうということがあります。アルコールに関しても同様で、お酒を控えるようにしたら歯茎が腫れにくくなったという患者さんは川崎にも多いのです。

いつも同じ部分だけが腫れてしまうという場合には、歯磨きが上手くできていないという理由が考えられます。ある一定の部分に対するブラッシングが苦手で、その部分の歯垢を除去することができず、結果として歯茎が腫れてしまうというケースがあり、これも川崎でよく見られる原因の一つです。反対に、神経質になって強くブラッシングしすぎてしまうあまり、歯茎を傷付けて腫れさせてしまうこともあります。

歯茎の腫れでお悩みの方には、歯医者で定期検診を受けることをおすすめします。定期検診を受けることで、歯茎の腫れの原因を突き止めることができますし、歯医者で正しいブラッシングの方法について指導してもらうことも可能です。大きなトラブルに発展する前に芽を摘むということが重要なのです。

お電話でのご予約・お問合せはこちら 044-366-8762