予防・歯周病治療

歯周病・予防治療

 

歯周病とは、歯ぐきに歯周病菌が入り込み感染することで起こる症状です。

歯周病は成人の80%が感染していると言われるほど、多くの人が感染している病気なのです。
では、なぜこれほど多くの方が感染しているにもかかわらず、気づかれないのでしょうか。

 

歯周病は痛みなく静かに進行する

 

歯周病は虫歯治療などは異なり、痛みなどがないまま進行していくという特徴があります。
そのため気づいたときには手遅れになってしまっていることも多いのです。

 

periodical01

 

歯肉炎

歯ぐきが炎症を起こしている状態です。

歯磨きのときなど出血することがあります。

歯周ポケットの深さは3mm程度です。

軽度歯周炎

あごの骨が溶けはじめている状態です。

歯ぐきが腫れ始め、歯磨きのときの出血だけではなく、冷たいものがしみる、水がしみる、口臭に悩まされるなどの問題が出ます。

歯周ポケットの深さは4mm程 度です。

中度度歯肉炎

あごの骨が半分くらい溶けてしまっている状態です。

歯がグラグラとしてくるのもこのころです。

腫れや出血に加え、歯が浮いたような状態になり、さらに口臭は強くなります。

歯周ポケットの深さは6mm程度です。

重度歯周炎

あごの骨の3分の2以上が溶けたしまった状態。

歯ぐきが下がりだし、歯の根っこの部分が見えるようになります。

最近、歯が長くなったかも!と感じられる方は要注意です。

このころには歯と歯ぐきの境から うみが出るようになります。

このとき、きちんとケアをしなれば、最悪の場合、歯が抜け落ちます。

歯周ポケットの深さは8mm程度と非常に深くなります。

 

歯周病に感染しないようにするためには

 

歯周病の対策には2つあります。

1つ目はご自宅でのブラッシングです。
患者さまによってブラッシングの癖があり、特定の箇所に磨き残しがあったりすると、そこから歯周病は広がってしまうということがあります。

 

2つ目は歯科医院などでのプロのケアを受けることです。
専用の機材を使用して、歯に付着した歯垢など取り除き、定期的にお口の中を管理していきます。

 

歯周病チェック

□ 歯ぐきが腫れている
□ 歯ぐきがやせてきている
□ 歯みがきをするとよく血がでる
□ 歯ぐきがむずがゆい、痛い
□ 歯と歯の間に物がはさまる
□ 口臭がきつくなってきた
□ 前よりも歯が長くなったような見える
□ 冷たいものでしみる
□ 歯ぐきから膿がでる
□ 朝起きたとき口の中が不快である

歯周病の予防はご自宅のケアが肝心

ステップ1 フッ素配合の歯磨き粉がおすすめです。

im_yobou01当院では、正しい歯磨き指導も行っております。

正しい磨き方を見につけることが第一歩です。

 

ステップ2

im_yobou02夜だけ行う人が多いですが、できるだけ朝・夜の2回行うようにしましょう。

 

 

ステップ3

im_yobou03キシリトールは、口のなかで酸をつくらせず虫歯予防に効果的です。
食後や就寝前にキシリトールガムを噛むのがおすすめです。

 

 

当院での歯周病治療

periodical02

PMTCとは、ひと言でいえば専門家による歯のクリーニングのことです。
PMTC専門のトレーニングを受けた歯科医師・歯科衛生士が、歯の表面についた歯垢(細菌の塊)や沈着物を特殊な医療器機を使って完全に取り去った後、歯垢(細菌の塊)の再付着を防ぎ歯の質を強くするためにフッ素を塗布することをいいます。PMTCは、ムシ歯・歯周病の予防管理を目的として北欧でシステム化され、現在多くの国で行われています。自分で正しいホームケアを行い、定期的にPMTCを受ける事でムシ歯の再発及び歯周病の進行を防ぐことができます。

もし歯が抜けてしまったら・・・

歯周病が進行してしまい、歯を失ってしまった・・・
歯がないため違和感がある・・・

という方は早め治療を受けましょう。

歯がない状態が続くと、歯を支える骨が徐々になくなってしまいます。
そのままほっておいてしまうと、取り返しのつかないことになりますので気をつけましょう。

当院では歯を失ってしまった方には入れ歯治療をおすすめしています。

最近では、入れ歯を入れた時の金属のバネが気になる・・・という声も聞かれます。
そういった声にこたえるために、当院で金属のバネを使用しないノンクラスデンチャーを導入しております。

また、歯のほとんどを失ってしまったという方にはシリコンを使用した総入れ歯をおすすめしております。

ぜひ一度、入れ歯ページをご覧ください。

入れ歯治療

お電話でのご予約・お問合せはこちら 044-366-8762